So-net無料ブログ作成

【今年も】Sony Dealer Convention 2008 当選 [Sony・家電とか]

今年も何となく応募してみたら当選!

うーむ。どれくらい皆さん応募したのだろうか。。
一応株主だし、見学に行くのも良かろうと。

↓ちなみに当選メールのタイトル
[Sony Style]★☆コンベンション2008 当選のご連絡☆★
http://www.jp.sonystyle.com/Customer/Event/200808/index.html

Gmailとかでソートしてると気づかないかも・・・。

それよりも、最近の話題として
ネットブックの方がきになりますねー。

2008年07月24日 12時29分00秒
ソニーや東芝も低価格ノート市場に参入か、すでに部品製造メーカーとも交渉
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080724_sony_toshiba_lowpricepc/

先日の日経かMJの記事でも台湾ベンダーのお偉いさんが
低価格ノートについてソニーとも交渉している旨を明かしていましたし。
なにより、

大河原克行の「パソコン業界、東奔西走」■
2010年に1,000万台出荷を目指すソニー・VAIOの新戦略 ~VAIO再定義の意味と新方針を石田本部長に聞く
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/0812/gyokai255.htm

以下、引用
-------------------------------------------------------------------------

--売上高1兆円で、その時の出荷台数が1,000万台。単純計算では1台あたり10万円となります。この平均単価は、これまでのVAIOの流れを考えると、考えられない単価ですね。

石田 そういう計算が出てくるので、1,000万台という数字はあまり言いたくなかったのですが(笑)、これは、VAIOを低価格化していくというものではありません。さまざまなプラットフォーム製品が登場するなかで、そうした流れに準拠した製品を、ソニーも投入してくことになります。それを考えた場合に、単純計算で1台10万円ということになるのです。

--つまり、MIDやUMPC、ネットブックといった製品の登場が見込まれると。

石田 それぞれがどう区分けされているのがよくわからないので(笑)、明確にはお話しはできませんが、そうしたことも視野に入れているのは確かです。Centrino Atomプラットフォームを活用した製品は、2009年度には避けては通れないのではないでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------
引用終わり。

・・・2009年度なんでしょうかねぇ。
クリスマス商戦に間に合えば、プレゼント用?に役立つかも。
順当に行けば4月の春商戦でしょうか。

で、いつ出るんだろソニー製の低価格PC

ただ、USは9月が新学期なのでそれに間に合わせると
ブランドもあるのでかなり売れそうですが。
TVなんか、なりふり構わず安いモデルも入れてますからねぇ。
戦略的には低価格PCよりも低価格TVの方が先行しているかも。

全価格帯を攻略するモデルはサムスンがワールドワイドで
行ったモノと同じでこれをやると途上国も含めて売り上げによる
規模のメリットが働くので企業として影響力が強くなるんですよね。

はい。

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 1

コメント 2

かつぽん

なんか外堀から埋まってる気がしますよね、
SONY製のNetbookのお話。
現代版VAIO C1みたいのを期待しちゃいます〜(^o^)
by かつぽん (2008-08-18 23:17) 

そよかぜ

かつぽん さん

そうですねぇ、モバイルでのネットチェックは
iPhoneである程度はカバーできるので
PPTの表示(確認・簡単な編集)とテキストの
入力なんかができる軽いノートが欲しいと
思う今日この頃なんですよね。。。
by そよかぜ (2008-08-19 03:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。